English

TAMSAN

マルチデバイス対応

ユーザの利用シーンを想定し、ビジネスゴール到達に最適化したサイトを制作

マルチデバイス×情報設計×最適化

クラウドCRM

スマートフォン、タブレットの普及が、人びとのインターネット利用シーンを劇的に変化させ。企業のWEB戦略にとって、モバイルユーザは重要な役割を担うようになっています。

この一方で、モバイルユーザーの行動に最適化されていないサイトが多いことも事実です。

TAMSANでは、「モバイルファースト」の考えを取り入れた制作フローによって、スマートフォンユーザー、タブレットユーザ視点からのモバイル対応サイト構築を行っています。

マルチデバイス対応構築ソリューション

レスポンシブウェブデザイン

画面幅に合わせてサイトレイアウトを変化させ、ワンソースでマルチデバイス対応を可能にします。
※このTAMSANオフィシャルサイトもレスポンシブウェブデザインを導入しております。
 ブラウザの横幅を縮めたり広げたりしてレイアウトが変わることをご確認ください。

導入に際しては、
・フレキシブルなグリッドベースの画面設計
・データ容量への細心の配慮
・画面内の要素の優先順位の明確化
・切り替える画面幅の定義
などを考慮に入れる必要があり、PCサイトを作ってそれをレスポンシブ対応させる、という考えでは実現できません。
どちらかと言えば、モバイルユーザーを軸にしたコンテンツ・画面設計をベースとし、PCユーザー向けにはそれを拡張させていく、という考え方の方が親和性が高いと言えます。

活用ケース: コーポレートサイト 採用サイト キャンペーンサイト 製品・サービスサイト …など

お見積り、提案依頼、ご相談はこちらから

マルチデバイスCMS(WEBサイトの一元管理)

・各サイト共通の情報が一元化されておらず、更新の際には3つのサイトを編集する必要がある。
・PCサイトをモバイル用に自動変換するサービスを利用しているが、変換されたモバイルサイトは見にくく、ユーザーのニーズにも応えられていない。

などの課題を解決するため、CMSによってマルチデバイス対応するというケースが増えてきています。
CMSによるマルチデバイス対応には、以下のメリットがあります。

・ワンソースマルチユース
 PCサイトと携帯サイトで異なる情報が載っている、といったミスを無くすことが可能です

・各デバイスに最適化されたテンプレート
共通の情報を利用しながら、それぞれのデバイスにあわせたデザインテンプレートを適応するため、ユーザーにとっての読みやすさを確保できます。また、サイト構成を画一にする必要はないので、スマホサイトだけに専用コンテンツを設置する、といった対応も可能です。

TAMSANではサイトの規模やアクセス状況、更新する情報の範囲や頻度をヒアリングしたうえで、適したCMSのご提案(場合によっては独自開発も含め)を行っています。

また、更新フローのドキュメント化や、クライアント内のワークフローに合わせた管理画面のカスタマイズなどで、CMS導入後の運用に関しても徹底したサポートを行っています。

活用ケース: コーポレートサイト ECサイト 製品・サービスサイト ブランドサイト …など

お見積り、提案依頼、ご相談はこちらから

TAMSANの構築スタイル

UI設計/シナリオ作成

TAMSANのスマホサイト制作では、初回のヒアリングの後、ユーザーがいつ、どのような状況で、何を目的にサイトへ訪れ、情報を得た後はどう行動するのか、というユーザーフローの洗い出しを行います。

想定されるフローをできるだけ多く書き出して俯瞰することで、多くのフローで共通して出現する重要コンテンツ、ユーザーの行動に即したモバイルならではの機能・コンテンツ、モバイルサイトでは不要と判断すべきコンテンツなどを把握。PCサイトの焼き直しではなく、モバイルファースト思考によるサイト構成を固めていきます。

ユーザーの行動フローを洗い出しながら、クライアントのマーケティング戦略を踏まえ、サイトの目的・ゴール・戦略・戦術、およびコンテンツ構成を決めていきます

お見積り、提案依頼、ご相談はこちらから

TOP▲
  • (+65) 8725-7752
  • お見積もり、提案のご依頼、ご相談などお気軽にお問い合わせください!
ENQUIRY

113B Jalan Besar Singapore 208833